読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ

ローマ法王が世界のリーダーたちとのツーショットで見せる表情 トランプ大統領とは・・・

下はニューヨークタイムズ紙などに寄稿しているライター、キャシー・ダゴスチーノさんのツイート。 Pope Francis with different heads of state during their visits at the Vatican. Something seems...different pic.twitter.com/JiyVTs014G — Cassie Da…

【動画】 これは醜い トランプ大統領がモンテネグロ首相を手で押しのける様子がネットで拡散

本当に手で押しのけたのか、それともカメラの角度の都合でそう見えるだけなのか・・・ 現在ベルギーのブリュッセルで行われている北太平洋条約機構(NATO)の首脳会議の一幕。 ここには来月からNATOに加盟することが決まっているモンテネグロのマルコビッチ…

大手デパートが「イバンカ・トランプ」ブランドの仕入れを取りやめ 売上減少が原因

トランプ大統領の娘イバンカ・トランプ(35)の経営するファッションブランドが、アメリカの一流デパートから締め出しを食らった。 ボイコット運動による売り上げ減少が原因だという。 アメリカのデパートチェーンである「ノードストローム」は、売り上げが…

「I am honered」? トランプ大統領は英語が苦手かもしれない・・・

トランプ大統領は就任直後、このようなツイートをしていた。 「第45代アメリカ合衆国大統領として、素晴らしいアメリカ国民であるみなさんのために役立てることを、大変名誉に感じます。」 しかし、このツイートのつづりをよく見てほしい。 ここ↓ 「I am hon…

トップレスの女性がトランプ大統領(ロウ人形)の股間をムギュッとして抗議

なぜかスペインの首都マドリッドに置かれているトランプ次期大統領のロウ人形。 ここにトップレスの女性が突如登場した。 この女性は、ウクライナのフェミニスト団体「FEMEN(フェメン)」の人。 女性蔑視の発言を繰り返してきたトランプ氏に対する抗議を行…

トランプ大統領 アメリカ人の多くがその能力に不安を感じていることが判明

世論調査会社ギャラップのまとめによると、「トランプ氏が大統領として国際問題を取りまとめたり軍事面で適切な判断ができると思っているアメリカ人は、半数以下」という結果が出た。 加えて、 ・56%のアメリカ人は、トランプ氏が自身の政権の大きなスキャ…

どうやらトランプ大統領は「帽子」コレクションをノルウェーの海岸に保管しているらしい

ノルウェーの島の一つにクヴァロヤ島と呼ばれる場所がある。 この寒々とした島の海岸を撮影した写真が、今ネットで話題になっている。 どうやらある人物の「ヅラ工場」らしい。 Rare Image of where Donald Trump grows his hair, Tromsø, Norway 間違いない…

豪邸で休暇を過ごすドナルド・トランプはクリスマス商戦でこんなものを売り出している

ドナルド・トランプはやはりビジネスマンだけあり、次期大統領に決まった今現在でも商魂たくましい。 2016年のクリスマスに向けて、ウェブサイトこんなものを売り出している。 トレードマーク「Make America Great Again」帽子・・・の形をしたクリスマスツ…

トランプ次期大統領の「ファースト・ドーター」 イバンカ・トランプってどんな人?

ドナルド・トランプがアメリカの次期大統領に決定してから、その長女であるイバンカ・トランプに注目が集まっている。 アメリカではすでに有名なセレブの一人らしいが、日本ではいまひとつ知られていない。 彼女はどんな経歴の持ち主なのだろうか? 話題のイ…

ボラット トランプについて語る 「彼は架空のキャラクター」「あの髪の毛はパメラ・ アンダーソンの●毛」

2006年に世界的なヒットとなった映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』。 サシャ・バロン・コーエン演ずるカザフスタンのジャーナリスト「ボラット」がアメリカを取材するという架空のドキュメンタリー映画だった。 この主人公…

【動画】モハメド・アリはパンチだけでなくディフェンスも速かった 10秒間に23発のパンチをよける35歳のアリ

まさに「蝶のように舞い、蜂のように刺す」モハメド・アリ。 彼はこれに加え秒速のパンチを見分ける恐ろしい眼力も備え合わせていた。 1977年、アリ35歳。 当時19歳の若き新鋭マイケル・ドークスと3ラウンドのエキシビション・マッチを行った。 「俺のパンチ…

【動画】モハメド・アリのパンチが早すぎて怖い

これは1966年、モハメド・アリがブライアン・ロンドンに勝った試合の動画。 わずか3秒の間に10発ほどのパンチを見舞っている。 その1年前の65年、ソニー・リストンとの1戦でも文字通り電光石火のごとく早いパンチを食らわせていた。 このパンチはあまりに早…

日本の銃による死亡率はアメリカで落雷に会うのと同じ割合 やはり日本は(比較的)安全か

こちらの記事によると、アメリカで銃犯罪に巻き込まれて命を落とす確率は、おなじくアメリカで交通事故で命を落とす確率と同じだという。 カナダで銃犯罪によって死ぬ確率は、アメリカでアルコール中毒によって死ぬ確率と同じであり、ドイツでのそれはアメリ…

人質!? いいや、ニューヨークではこれが最新のリラクゼーション法らしい

これは決して犯罪に巻き込まれた人質ではない。 この女性はニューヨークに住む学生さん。 このあと、空中に吊り上げられることになっている。 彼女はこのいわゆる「ボンデージ」のおかげで、新たなリラクゼーションを得ているのだという。 この女性によれば…

驚きの数字を見てわかる アメリカで銃による犯罪が後を絶たない本当の理由

この棒グラフはアメリカにある店舗数を表したもの。 You will find more statistics at Statista 上から、拳銃の販売店(赤)、食料品店(青)、マクドナルド(黄)、そしてスターバックス(緑)。 それぞれの横に記されている数字が、実際の店舗数だ。 つま…

「プリンセス仮装大会」にホットドッグの着ぐるみで現れた少女が大人気

アメリカには「プリンセス・デイ」と呼ばれる仮装大会のような催しが学校で開かれるらしく、その日になると女の子たちはディズニーのプリンセスを模した格好をして登校する。 しかしほかの女の子たちが精一杯かわいい王女様となって現れた一方、なんとホット…

【追悼】モハメド・アリ 写真で振り返る「世界で最も強い男」

モハメド・アリ(1942~2016)。 「世界で最も強い男」の歴史(の一部)を、写真で振り返ってみたい。 (写真は米CNN電子版の「Boxing legend Muhammad Ali」より) 1954年、12歳のとき。アマチュアボクシングのデビュー前。 アマチュアボクシングでも108戦…