動物

【動画】 シャワー好きのポメラニアンが激カワなのでシェア

シャワーで水浸しにされるのを嫌うペットは多いが、このポメラニアンの「シーラ」に限ってはそんなことはない。 シャワーのあいだも大人しくしているし、シャンプーも嫌がらない。 シャワーの後のドライヤーも大喜びでクルクル回っちゃう。 とにかくかわいい…

イギリス総選挙の投票所でご主人様を待っている犬たちが可愛いので注目

6月8日に行われたイギリスの解散総選挙。 愛犬の散歩を兼ねて投票に来た飼い主たちも多かったのだろうか。 「Polling Station」(投票場)のサインのもとにつなげられて静かに待っている犬たちが可愛すぎて、たくさんの写真がツイッターに投稿された。 現地…

やはり怒らせると怖い? 子猫が可愛いかどうか分からなくなる写真15点

たとえ生まれてから数か月の小さな生き物とはいえ、子猫も肉食動物のDNAを有している・・・などと考えてしまう子猫たちの写真。 自分で獲物を捕らえて生き抜こうという本能はやはり子猫のときから備わっていて、それが自然と表に出てくるのかもしれない。 //…

犬がせっかくのシャッターチャンスを台無しにしてしまった写真が笑える 画像21枚

せっかくのシャッターチャンスが犬のせいで台無しに・・・ でも犬には決して悪気はないのだ。 むしろ、犬のおかげで二度と撮れない面白写真が撮れたのかもしれない。 // www.thesun.co.uk

本当は可愛いはずのネコがどうしても怖くなってしまう写真

ネコは可愛い。 これは万国共通の真理だ。 しかし、その心真理に大きな「?」がついてしまう写真の数々がこちら。 可愛いはずのネコが、怖い・・・ Black kitty enjoys some warm ground lighting. from aww I think my cat is trying to summon a demon fro…

【動画】 死んだ兄弟をお墓に埋める犬 「涙をそそる」

下の映像はある犬が穴を埋めている様子をとらえたもの。 しかし、トイレのあとに後足で土を蹴って穴を埋めるのとは違う。 鼻を使って、穴の中へ土を落としている様子が分かる。 そしてその穴の中には、もう一匹別の犬が眠っている。 この穴は犬のお墓らしい…

カメラ目線でポーズをとる動物たち 撮影されていることを意識している?と信じてしまう写真20選

カメラを向けられるとポーズをとるのは、人も動物も同じ。 以下その証拠20点をご覧ください。 // www.boredpanda.com

ウサギのあくびが「意外に怖い」とネットで話題

ウサギのようにおとなしい、ウサギのように優しい・・・ とても穏やかでほんわかしたイメージのあるこの動物の、あくびの写真がいまネットで話題になっている。 その前歯をむき出しにして大きな口を開けている様子が「意外に怖い」というのがその理由。 PsBa…

ツイッターで話題の世界の動物の赤ちゃんたちが可愛すぎてキュン死

言葉はいらない。 とにかく動物の赤ちゃんの可愛さは世界共通。 We welcomed a gray seal pup Jan. 21. The pup appears to be nursing, moving & bonding well w/ mom. https://t.co/l0Bzu7g8ek #Squee pic.twitter.com/nEhuJe6vBk — National Zoo (@Nation…

店の外で独り飼い主を待ち続ける犬の写真を集めたインスタグラムが心を打つ

このインスタグラムのアカウントは「Sad Dogs Outside Shops」(店の外にいる悲しい犬たち)というもの。 飼い主が入店する前に店先に残してきた犬をとらえた写真が集められている。 @saddogsoutsideshopsが投稿した写真 - 2017 1月 6 10:07午後 PST 外に独…

オオカミとヒグマの戦いをとらえた超リアルな迫力の写真

アメリカ・モンタナ州にあるロッキー山脈を訪れた人が、この迫力ある写真を撮影した。 雪の上に横たわるシカの死体に集まっていたオオカミの群れ。 それだけでも十分迫力があるはずだが、そこに大きなヒグマがやってきた。 専門家によるとこのヒグマは体長2…

【心温まる写真】 憂うつな心を清めてくれる子供や動物の純粋無垢な写真14枚

子供たちも動物たちも、邪念のないまっすぐな心と瞳を持っている。 そんな彼らの様子は日常の雑事で憂うつな私たちの心を洗い清めてくれるだろう。 (最後の写真は、補聴器を始めて装着した耳の不自由な少年が外の音をハッキリ聞き取ることができて驚いてい…

シルエットだけでアフリカの野生動物の生き生きとした姿をとらえた写真が超絶に美しい

オーストラリア出身で現在スイスを拠点とする写真家マークさんは、ボツワナやケニアなどのアフリカで野生動物を撮影し続けて6年になる。 野生動物を専門に撮影している写真家は多くいるが、マークさんの場合は逆光で動物たちの全身がシルエットになった瞬間…

猫が先か美女が先か? 古き良きピンナップガール顔負けのポーズを見せる猫たち

いつどこで猫たちはピンナップガールたちのポーズを学んだのか? それとも美女たちが猫からポーズを学んだのだろうか? // www.boredpanda.com

【動画】 この猫といっしょに暮らせば目覚まし時計など不要 誰でもきっと目覚めるはず

朝起きるのが苦手な人は多い。 目覚まし時計を5分おきに何回も鳴らしたり、二つ用意したりして、毎朝がんばって起きている人もいるだろう。 しかし、この猫といっしょに暮らせば目覚まし時計など用意しなくても必ず起きることができるはずだ。 目覚めの気分…

里親と暮らす3歳の男の子と同い年の犬の写真が見ているだけで幸せになれる

ラブラドルレトリバーの「リーガン」は少年リトル・バディ君と同い年。 ともに生後11か月の時に初めて顔を合わせた。 Reagandoodleさん(@reagandoodle)が投稿した写真 - 2016 11月 11 6:42午後 PST 現在、リーガンもリトル・バディ君もともに3歳。 アメリカ…

窓から雨の降る屋外をみつめるネコたちが可愛い ネコ好きならこのインスタアカウントをフォローしよう

雨の日、私たちは窓から外を眺め、目に入ってくる景色とは関係のないことをいろいろと考える。 多くの人がこんな時間の過ごし方をしたことがあるだろう。 これは人だけではなく、ネコも同じようだ・・・少なくともそう見える。 Felicity Berkleefさん(@felic…

可愛すぎるチャウチャウがインスタグラムで大人気

// まるでクマのぬいぐるみに見えるこの動物。 決して人形ではなく、れっきとしたチャウチャウ(中国産の犬)だ。 その名も「チャウダー」。いまインスタグラムで大人気だ。 Today is a special day because I turn 3 today!!! Happy birthday to me ?? Chow…

【キュン死注意】 ヨガに励む動物たちが可愛すぎる件

動物たちがヨガとは何かを理解しているかどうか・・・そんなことは、この際どうでもよろしい。 ある意味、ヨガ以上に癒し効果のある12枚の写真をどうぞ。 // www.boredpanda.com

オッドアイの猫が奇跡の双子で誕生 白い毛に映える美しい黄色と青色の眼

この2頭の猫、決して1頭をフォトショップで2頭に見せているのではない。 双子の子猫として産まれたときから、2頭とも眼が黄と青のオッドアイだったのだ。 生後3ヶ月のときに里親が見つかり、現在生後9ヶ月。 「虹彩異色症」と呼ばれるこの眼の持ち主は、古い…

【動画】海岸でカモメに気軽にエサを与えると怖いことになるので注意

夏も本番になり、海水浴に出かける人も多いはず。 近くにはカモメなどの海鳥が飛んでいるだろう。 そんなカモメたちに腕を伸ばしてエサを与えようとすると、空から急降下し喜んで近づいてくる。 しかしそれだけではすまないようだ。 この動画を見ると、むや…

仲間の体に刺さった麻酔銃の矢を引き抜こうとするライオン

ケニアの自然保護区で暮らすライオンたち。 1匹のメスライオンが足の裏をケガしているのが発見された。 足の裏はいつも地面についているため、症状はどんどん悪化しているようだった。 見かねた自然保護団体が獣医師に依頼して治療することになり、まずは眠…

今度はイギリス首相官邸のネコが「権力争い」を繰り広げる

首相が交代し新内閣となって、少し落ち着いたように見えるイギリス。 しかし、権力争いは人間界だけで行われているのではなかった。 総理大臣官邸のあるダウンニング・ストリートには、長らく住み着いたネコの「ラリー」がいる。 ラリーはいわゆる「キャビネ…

余命宣告された愛犬と最期の思い出づくりのために全米を旅する男性の話

Robert Kuglerさん(@robkugler)が投稿した写真 - 2016 7月 25 8:05午後 PDT 愛犬のベラといっしょに旅をするのはロバートさん。 現在アメリカ国内の各州を順に巡っている最中だ。 愛犬ベラは去年の5月、ガンに侵されていることが判明した。 肩には骨肉腫が発…

【キュン死注意】ネズミと間違えられた子猫 ケガを負うも順調に回復 里親を待つその姿が激カワ

こちらは子猫の「ラッティ」。 もともとロンドン近郊にある民家で発見された迷いネコだった。 この子猫、発見時にとんでもない事故に巻き込まれている。 ある民家の外においてあったゴミ箱の裏に隠れていたところ、発見した住人が大きなネズミと間違え、ほう…

癒されたい人はフォローしよう 両足で立つネコのジョージがインスタグラムで大人気

ネコのジョージはインスタグラムで6万5千人を越えるフォロワーを持つ人気者。 しかし、決してそれに満足している様子はない。 常にしかめっ面をして、不満をあらわにしているように見える。 それどころか、いつも後ろ足二本で立ち上がって何かをもっと欲しが…

子猫よりも子犬を選んだネコ インスタグラムで2匹仲良く暮らす様子が微笑ましい

こちらはクリスティーナさん。 いっしょにいるのはネコのレーヴェン。 Raven and Woodhouseさん(@raven_and_woodhouse)が投稿した写真 - 2015 12月 21 11:13午前 PST クリスティーナさんはネコをもう1匹里親として受け入れようと思い、保護施設に行くことに…

オランウータンが「こういう部分」でも人の先祖であることが判明した出来事

タイのバンコクにある自然保護区。 ここでは保護されたオランウータンたちが暮らしている。 この保護区を訪れた観光旅行客は、そんなオランウータンたちと仲良く写真を撮ることができる。 この女性は2頭のオランウータンといっしょに記念撮影。 しかしそのう…

犬が美しい動物であることがあらためて分かる22枚の写真

イギリスの「ザ・ケネル・クラブ」(犬小屋クラブ)が開催した「2016年ドッグ・フォトグラファー・アワード」 が発表になった。 犬は私たち人間にとって最も身近な存在だが、じっくりとその美しさを鑑賞する機会は意外と少ない。 このドッグ・フォトグラファ…

ナマケモノの「自撮り」がかわいい

とある熱帯雨林でナマケモノを発見した旅行者。 たまたま自撮り棒が届く高さだったため、いっしょに写真におさまった。 ナマケモノもしっかりカメラ目線。 これ以外にも、まるでナマケモノ自身が撮影したかのように見える「自撮り」写真がネットで多くシェア…

写真家トマシュ・グゾバティが撮るゾウアザラシのモノクロ写真が秀逸

そのゾウのような鼻が特徴の「ゾウアザラシ」。 オスは体長が4.5mにも及ぶという。 この巨大動物を、ポーランド出身のドキュメンタリー写真家トマシュ・グゾバティ(1971~)が撮影した。 モノクロ写真であるが、むしろカラフルでないがゆえにこの巨大な海…

生後18ヶ月のオットセイ オーストラリアを襲った嵐で迷子に

2016年6月の始めにオーストラリアを襲った強烈な嵐は、停電と洪水を引き起こし、3人の死者を出すほどの大惨事となった。 これには生後18ヶ月のオットセイも巻き込まれてしまった。 発見されたときはだいぶ衰弱していたらしい。 無事保護されたこのオットセイ…

里親が決まったのに無愛想なネコが可愛い

米フロリダ州の空き家に置き去りにされたネコ。 食べ物も飲み物もなく、かろうじて生き延びていた。 ある日この空き家を調べにきた人が、このネコを発見。 ネコのほうから近づいて、食べ物をおねだりしてきたらしい。 なぜかマンゴーがそこにあったので食べ…

【キュン死注意】 小さなコアラ オーストラリアの民家で発見 里親が熱心に世話に励む

オーストラリアのホークス・ネストという場所で大きな嵐があった。 その翌日、一匹の小さなコアラが民家の裏庭で見つかった。 発見時のコアラはとても冷たく、おびえていて、さびしく途方にくれているようだったという。 どうやら母親らしきコアラが近くの木…

メタボのビーグル犬 体重を半分に減らすダイエットに見事成功

米シカゴに住むイヌの「ケイル・チップス」君(8歳)は一年前は39キロもある巨漢だった。 この種のイヌにしては当然のことながら重すぎで、実際に自分の脚で歩くことができない状態だったのだ。 そのため動物保護施設に収容され、そこでエクササイズと食事制…

イヌが飼い主といっしょに撮る「父の日」の写真が微笑ましい

父の日は必ずしも父親とその子供だけのものではない? 以下13組の「父と子」の写真を見ると、イヌとその飼い主が父の日を祝ってもまったく違和感がないように思えてくる。 撮影は写真家シャンタル・アデアー。 彼女の「ザ・ドッグ・スタイラー」というプロジ…

大学で学生たちと仲良くなった癒しネコ 専用のフェイスブックページまで開設される人気ぶり

ドイツのバイエルン地方にある大学では、毎日学生たちを出迎えてくれる可愛いネコがいる。 決して大学が飼育しているのではない。名前は「サミー」といい、大学の近くの住宅で飼われているネコである。 ふつう人見知りをするのがネコの習性だが、サミーはあ…

ネコたちが買い物をしているスーパーマーケットのTVコマーシャルが傑作

ドイツのスーパーマーケット・チェーンの「Netto」は新しいTVコマーシャルを製作した。 このコマーシャル、何とネコしか登場しない。 ネコたちがスーパーマーケットで買い物をしている様子が描かれているのだ。 一度観たら、きっとまた観たくなるはず。 まさ…

ネットフリックスを真剣に観る柴犬が可愛すぎる

柴犬の「チコ」。 飼い主のオレシアさんは生後7ヶ月のときにこのイヌを引き取り、里親となった。 なんとその時点でTV画面をずっと見つづける習慣がついていたらしい。 そのためチコを家において外出するときは、いつもTVをつけっ放しにしたり、PCを立ち上げ…

人と同じ表情を見せる動物たちの写真が秀逸

// オーストラリアのメルボルン動物園に一年半にわたって通い続けた写真家「Art Xanthopoulos」。 彼女の作品にはオランウータンやゴリラ、ゾウ、トラやライオンなど、動物園にふつうにいると思われる動物たちが写っている。 しかしそこに見える動物たちの眼…

【動画】おばあちゃんのアコーディオンに合わせて踊るイヌ

// この動画でダンスを披露しているイヌの名前は「ネイサン」。 生まれつき体毛があまり生えない種類のイヌらしい。 アコーディオンを演奏しているおばあちゃんは、こういった体毛の少ないイヌを専門に扱うチャリティ団体からこのネイサンを引き取り、里親と…

驚きの共同生活 130キロのクマといっしょに暮らすロシアの夫婦

// これはクマの着ぐるみでも合成写真でもない。 本物のクマと人間の夫婦がいっしょに暮らしているのである。 クマの「ステパン」は20年前、まだ生後3ヶ月のときにこの夫婦に保護され、育てられてきた。 現在23歳のこのクマは、すっかり人との生活に馴染んで…

【キュン死注意】 「千年に一度の可愛いネコ」はこれだ

// 駐車場で子猫を見つけた男性が、一瞬の迷いもなしに里親として世話することを決心した。 なぜなら、その子猫の様子がこんなだったからだ。 この可愛らしさを目にしたら、迷うはずがない。 まずは動物病院へつれて行った結果、生後わずか4~5週間に過ぎな…

あなたはこのカムフラージュを見破ることができるか 樹の幹に隠れたある動物を探せ

この写真は大きな樹の幹を写した写真である。 しかし、そこにはある動物が隠れている。 さて、何がどこに隠れているかお分かりになるだろうか? 正解は: フクロウが幹の窪みに隠れて顔だけを出しているのである。 自分の羽の色と樹の幹の色が同じであること…

犬にキットカットとジャファケーキを食べさせて殺してしまった飼い主

キットカットは世界中で愛されているお菓子。 またこの「ジャファケーキ」と呼ばれるビスケットは、片面をチョコレートでコーティングし、そのビスケットとチョコの間にはオレンジのジャムが挟まれている、イギリスで人気のお菓子だ。 キースさん(62)さん…

さて、ここにネコは何匹いるでしょう?

茶色の猫が一匹だけいるように見える。 日光が横からあたり、右側に黒い影をつくっている・・・ が、よく見ると影には目が!? そう、右側の黒い「影」は実は黒い猫。茶色の猫の影ではない。 2013年に行われた調査によると、ネットに流通しているデータの約1…

勇敢なオランウータン 子供を守るために野生のイノシシを「武器」を使って追い払う

インドネシアのボルネオ島に生息する野生のオランウータン。 赤ちゃんを育成中のお母さんが、野生のイノシシが近づいてきたことに気づいた。 かしこいオランウータンは、道具を使う。 ここでは木の枝を武器として手に取った。 見事にイノシシを追い払い、母…

バスのなかに置き去りにされた犬 けなげにバスの中で飼い主を待ち続ける

ロンドンを走るバスの中に、どうやら飼い主に置き去りにされたと見られる犬が発見された。 バスの中には車椅子用のスペースがあり、そこにちょこんと座っていたという。 運転手は犬がかわいそうなので一時的に自宅に連れて帰ろうと考えたが、バス会社の規定…

観光客を乗せて歩いている最中に動けなくなり、そのまま死んでしまったゾウ

カンボジアで観光客を乗せて運んでいたゾウが、途中で動けなくなってしまった。 このメスのゾウは40度の暑さを40分間も歩かされ、観光客たちを名所の寺院へ連れて行くところであった。 おそらく心臓発作を起こして倒れたものと見られており、結局このゾウは…

新しい飼い主のもとで幸せな生活が始まった犬がカメラ目線でスマイル

アメリカ・メリーランド州の動物シェルターに入れられたイヌ。 収容された時はとても状態が悪く、前の飼い主にあまり大事に世話されていなかったことがはっきりと分かるほどだった。 しかし数週間後、新しい飼い主がこのイヌの前にあらわれた。 ショーンさん…