面白写真

アニメキャラのモデルたち? それとも人がアニメキャラに似てくるのか・・・? 「とにかく似ている」写真20枚

アニメのキャラクターはかなり抽象化されているため、ちょっと見ただけだと「こんなルックスの人なんかいないよ」と感じてしまうデザインもあるだろう。 しかし、やはりクリエイターたちのデザインするアニメキャラにはしっかりとした根拠があるようだ。 以…

元気を出そう、あなただけではない 誰にでもある「私の人生最悪の日」

誰でも「なんで私だけこんなひどい目に会わなければいけないの?」とか「俺はこの世で一番運が悪い」と感じてしまう時がある。 あなただけではない。 こんな人たちだっているのだ。 // www.boredpanda.com

ヌードの美女たちが鯉(コイ)とたわむれているカレンダーが発売されるらしい

鯉とたわむれるヌードの美女たちをフィーチャーしたカレンダーが発売される。 「恋」の間違いではない。魚の鯉だ。 美女と魚釣りが好きな男性は購入するべき、とこの記事は述べている。 今年が最初の発売ではないらしく、毎年販売されているらしい。 日本で…

「ワン・フィンガー・セルフィー」というエロい自撮りがネットで話題

// いま海外(とくにアジア諸国)では「One Finger Selfie(一本指の自撮り)」と題された自撮り写真がネットに出回っている。 それはこういうもの。 見えそうで見えない。 指一本で隠すべきところをしっかり隠す。 もともとは「スカイ」という日本のイラス…

アートから面白写真まで 人の目を面白くあざむく「反射」がつくり出すイメージたち

以前、写真は「光で撮る」ものだという言葉を聞いたことがある。 ここにある14枚の写真も、やはり光の力で作られた「反射」をうまくとらえた傑作ばかり。 やはり水面に反射した上下反対の世界は、人の想像を超える。 こういうものも美しい。 反射した光がイ…

これは何の絵に見えますか? 正直にお答えください 【その2】

以前紹介したこちらの記事。 pagethree.hatenablog.jp あなたがこの絵をどのように見たか、その見方によって、ふだんのものの見方も分かってくる。 では、この絵はどうだろうか。 これはホテルの部屋に置いてあったリーフレットのイラスト。 あなたには何を…

今インスタグラムで大人気 ケンダル・ジェンナーならぬ「カービー・ジェンナー」という男を知っているか?

ケンダル・ジェンナー(21)といえば、お騒がせセレブ「カーダシアン」姉妹の異父姉妹として知られている。 ケンダル自身もファッションモデルや女優として活躍しており、インスタグラムでは6,800万人を超えるフォロワーがいる人気者だ。 しかし最近は別のジ…

これは何の絵に見えますか? 正直にお答えください

かつて「だまし絵」と呼ばれていた類の画像は、現在は「思わず二度見」とキャプションがつけられネットで多くの人に共有されている。 だまし絵の古典はこちら。 イギリスのイラストレーターW. E. ヒルによる作品だ。 ひとつの絵の中におばあさんの横顔と、な…

予想していなかったものが写り込んでしまった画像 ネットにアップするときは気をつけよう

スマホで撮った写真をネットにアップする前に、画像のすみずみまでチェックしなくてはいけない・・・ そう感じさせる写真13枚をどうぞ。 ドレスがかわいすぎて自分が写り込んでいるのに気づかなかった女性。 腹をへこませた自撮りのはずが・・・ みんなこう…

レイアウトの都合で思いも寄らぬ別の意味を持ってしまった新聞・雑誌の紙面が微妙に笑える

「彼女に本当の自分自身を見せよう」 「恥知らずな方法」 「凶悪性犯罪者 逮捕される」 「凶悪な犯罪コンビ 防犯カメラに捕らえられる」 「未亡人 亡き夫の冷凍精子を使う権利を認められる」 「ノンストップでセックスしたぜ!」 これは・・・ // www.boredp…

決してふざけてるわけじゃないが・・・なぜかこうなってしまったレコードジャケット27枚

どこがおかしいの?と聞かれると答えるのは難しい。 それにしても、なぜこうなってしまったのだろうか? // (出典:Worst Album Covers of All Time · Tastebuds Blog)

【めまい注意】 高い場所が好きな女性の「高所ポートレート」は見ているだけで足がすくむ

※絶対マネはしないでください。 世の中には高いところにいるとアドレナリンが出てしまい、止められなくなる人たちがいる。 ロシアの女性アンジェラさんは間違いなくその一人だ。 いまインスタグラムで話題になっているこの人の写真は、基本的に屋外でのポー…

いろいろな意味の「決定的瞬間」をとらえた18枚の写真

// www.mytenbuzz.com

これは本格的な心霊写真か 微笑ましい家族写真の背後に見える

お母さんが3人のお子さんといっしょに、話題のアニメ映画『ファインディング・ドリー』を観に映画館へ行った。 上映が始まる前にいっしょに自撮りをしようと思ったお母さんは、念のため背後に誰もいないことを確認してから、4人で微笑ましい写真を撮った。 …

あまりにも急すぎて横にある家が沈んでいるように見える傾斜19度の坂道

ニュージーランドにある「ボールドウィン・ストリート」が、今ちょっとした話題になっている。 この通りはその道路標識にも記されているとおり「世界で最も急な坂道」。 Richard Leeさん(@richardlsn)が投稿した写真 - 2016 7月 18 6:44午後 PDT 19度、つま…

子供は正直 トランプ候補の本当の「支持率」がよく分かる赤ちゃんのリアクション

百聞は一見にしかず。 トランプにキスされた子は泣き出し、もう一方はトランプなどまったく興味がない。 子供は正直。 // indy100.independent.co.uk

「マシンガンを持っている猫」が発見された結果 フォトショップ祭りになった

木の上で休む一匹の猫。 まるでその手にマシンガンを持ち狙いを定めているように見える。 この写真がネットで話題になると、こんなことをした人が現れた。 すると、このアイデアに負けじとフォトショップ加工の「傑作」が次々と現れ、ネットがお祭り状態にな…

ビキニ女性が丸出ししてる!? どうしても二度見しちゃう写真

最近、画像共有サイト「Imgur」で話題になったこの写真。 白のトップを着けて背中を見せている女性に注目。 安心してください、目の錯覚ですよ。 // www.thesun.co.uk

子供向けチャリティイベントにクマのプーさんが文字通り「空から」登場した写真

クマのプーさんがチャリティイベントに登場した。 ・・・こう聞くと、プーさんの着ぐるみによるアトラクションがあったように聞こえるだろう。 しかし実際は、晴れた青空にこうやって登場したのだ。 まるでハチミツをたっぷり食べて、満足そうにほほ笑んでい…

日焼けしてからでは遅い! 夏の直射日光をバカにするとこうなる

本格的な夏の到来。 熱中症など水分不足に気をつけるだけでなく、日焼けにも気をつけたい。 それは単に肌をいためるからではない。 うっかりすると、以下のようにあまりにもみじめな「模様」を身に着けてしまうことになるからだ。 【胴体】 【首周り(ネック…

【動画】 目の錯覚を利用した見事なイリュージョン

もうすでにご存知の方もいるかもしれないが、この動画が見せてくれる「オプティカル・イリュージョン」(目の錯覚)には驚かされる。 現実の世界で、私たちが実際に目で見て認識したと思っていても、所詮はすべて目の錯覚にすぎないのかもしれない。

ポケモン『サン・ムーン』の登場キャラクターがトランプに似ている件

ポケットモンスターの最新版『サン・ムーン』に登場するキャラクター「ヤングース」が、共和党のアメリカ大統領候補ドナルド・トランプに似ている、と一部で話題になっている。 『サン・ムーン』公式サイトによると、キャラクター「ヤングース」は「大食いで…

きれいな心の子供が描く絵 汚い心の大人に見えるもの

以下はすべて子供がお絵かきの時間に、純粋な心で描いた作品である。 もし何か別のものに見えたとしても、それは大人の心が汚れているからに過ぎない。 脚の間にあるのは、尻尾に見えます。 ロケットに見えます。 恐竜に見えます。 アシカに見えます。 尻尾…

米フロリダにある「ディズニー・アニマル・キングダム」で写真を撮るときに絶対気をつけるべきこと

米フロリダ州にある「ディズニー・アニマル・キングダム」は日本のディズニーファンの間でもよく知られており、海外旅行の予定に含めて遊びに行く人も多くいるようだ。 ここを訪れるときに気をつけたいことは、入り口で写真を撮るとき。 (http://www.southm…

明らかに乗り気じゃないのに子供のために一肌脱いでいるお父さんたちに拍手

父の日が過ぎたが、お父さんたちは仕事で疲れているにもかかわらず、今日も子供たちといっしょに時間を過ごしてくれているのだ。 あらためて感謝しよう。 // www.thesun.co.uk

こんなことってあるの!? 2年前に撮影した写真とまったく同じ○○が...

仲良し女性3人組が、休暇を過ごしに飛行機で旅立つ機内でのこと。 笑顔でいっしょに自撮りにおさまった。 この3人組は定期的に集まっているようで、2年前にも同じく旅行に出かけ、その時も機内での自撮りが残っている。 女性たちの並び順はまったく同じ。 も…

イヌが飼い主といっしょに撮る「父の日」の写真が微笑ましい

父の日は必ずしも父親とその子供だけのものではない? 以下13組の「父と子」の写真を見ると、イヌとその飼い主が父の日を祝ってもまったく違和感がないように思えてくる。 撮影は写真家シャンタル・アデアー。 彼女の「ザ・ドッグ・スタイラー」というプロジ…

【吹き出し注意】外で読書するときは気をつけよう 知らぬ間にまったくの別人に「変身」してる可能性がある・・・

(明らかにわざと撮っているのもあるようだが)私たちも自分の知らないところで「本の表紙に自分の人格を奪われる」という事態に落ち込んでいるかもしれない。 // www.thesun.co.uk

同じ人を写したようには見えない… この自撮りが教えてくれる2つのことこと

この写真、左右とも同じ人が撮った自撮りである。 決して別の日に撮ったわけではない。 なんとまったく同じ日の同じ時間に撮影された2枚だという。 違うのはカメラの角度を変えることだけ。 この女性はコンスタンス・ホールさんというブロガー。 ほかにもこ…

海の向こうではこうなってしまうのか・・・ドーナツにされたお寿司(?)が話題

寿司はわが国の誇る日本食のひとつであり、また海外でもヘルシーさと見た目の美しさで多くのファンを獲得してきた。 この寿司は、私たちにとっては「にぎり」か「巻き」で食べるものであるが、どうやら最近はこれを「ドーナツ」で食べる(?)のが話題になっ…