日焼け止めスプレーを正しく使わないとこうなる

フロリダのビーチで日光浴をしたあるご一行様。

 

輝く太陽の光を思う存分楽しんだはず… だが結果はご覧のとおり。

 

f:id:ronnieeda:20160519162931j:plain

 

これはあまりにも適当に日焼け止めスプレーを使った結果だ。

 

日焼け止めスプレーを使った後は、手で肌全体に満遍なく塗ってあげる必要がある。

 

万が一このような失敗をしてしまった場合は、アロエの果肉を貼り付けるとその痛みが治まり、火傷の症状をやわらげてくれる効果があることがわかっている。

 

またアロエを使うことで、日焼けした部分だけ皮がむけてしまう状態を避けることもできる。

 

またスプレーやクリームなどの日焼け止めは、日に当たるところにいる間は2時間ごとに塗りなおす必要があるが、多くの人がこれを忘れがちだ。

 

夏が始まろうとしている今、もう一度日焼け止めのコツを確認しておこう。

 

   

(出典:You can’t miss their tan lines! Family covered in strips of SUNBURN after failing to apply lotion properly)