読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSのプロフィール写真を見ればその人の性格が(ある程度は)わかるという説

   

f:id:ronnieeda:20160525181756j:plain

 

このたび6万6千人のツイッターユーザーを対象に、プロフィール写真と利用者の性格との関連性について調査が行われた。

 

それによると、外向的な性格の人は、カラフルで画素数が高く、色のコントラストもはっきりしている写真を使うことが多く、また複数の人といっしょに写っているものを選ぶことが多い。

 

また、顔写真と言うよりは「スナップ写真」に近いものが選ばれているのも外向的な人のプロフィール写真が持つ特徴だ。

 

つまり顔がはっきりと識別できる写真よりも、何らかの活動をしている場面を写した写真を選んでいる場合が多いという。

 

f:id:ronnieeda:20160525181836j:plain

 

親しみやすい性格の人もやはり明るくカラフルな写真をプロフィール写真として選ぶ。

 

しかし、どちらかと言うと輪郭のはっきりしていない写真を使用する場合が多い。

 

親しみやすい性格ゆえに、自分という存在をあまりはっきり表に出し過ぎない、ということだろうか?

 

f:id:ronnieeda:20160525181928j:plain

 

神経質な性格の人は、シンプルで色合いもカラフルではない写真を自分のプロフィールに選んでおり、写っている顔もあまり表情豊かではないものが多い。

 

 

一方、色合いもあまりカラフルではなく、顔の表情も少しネガティブに見える人は、意外にもSNS上でほかの人との接点を望んでいる可能性が高い、という興味深い結果が出ている。

 

 

さて、この調査結果はあなたに当てはまるだろうか…?

 

(出典:Your profile picture could reveal A LOT about your personality, claim experts