読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートって何なんだ? 床に置かれたメガネを「作品」と勘違いした多くの見学者たち

f:id:ronnieeda:20160527191724j:plain

 

サンフランシスコにある現代美術館で、「teejay (@TJCruda)」という17歳の少年がメガネを床に置いておいた。

 

するとまもなく人々がその周りに集まり、「作品」から一定の距離を置いて取り囲むようになった。 中には熱心にこの「作品」を写真に収める人もいる。

 

f:id:ronnieeda:20160527191743j:plain

f:id:ronnieeda:20160527191752j:plain

f:id:ronnieeda:20160527191803j:plain

twitter.com

 

「床の高さから世の中を見る」というメッセージがこめられたアート作品、と見学者たちはとらえたのだろうか?

 

実はこの「いたずら」をした17歳の少年は、かつても似たような企てを行い話題をさらったことがあった。

 

その時はメガネの代わりにゴミ箱を置き、やはり人々の同じような反応を見出している。

 

f:id:ronnieeda:20160527185656j:plain

 

この少年、現代アートを馬鹿にした怪しからん奴だと思いきや、こんな発言をしている。

 

現代アートはときには冗談になってしまうのは僕もよく分かる。しかしアートというのは僕たちの創造性を表現する手段なんだ」

 

「冗談として解釈されてしまうものもある一方、精神的な意味を持っているものもある。つまるところ現代アートと言うのは、広い心と想像力のある人が楽しめるものなんだよ」

 

まだティーンエージャーにして、すでに私たちよりも優れた見識の持ち主のようだ。

 

   

www.independent.co.uk