読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50キロの減量に成功し 文字通り「見ちがえる」ほど美しくなった女性

美女 健康・長生き

 

   

テネシー州に住むローラさん(25)は、気がつくと冷蔵庫に手を伸ばし暴飲暴食を続けてしまっていた。

 

そのせいで最高で体重が136キロにまで増え、完全な肥満状態になっていた。

 

まわりの人たちにも「強圧的」な印象を与えてしまうほどの巨漢になっていたという。

 

f:id:ronnieeda:20160606233841j:plain

 

f:id:ronnieeda:20160606233827j:plain

 

そんなローラさんにも付き合っていた男性がいたが、4年たって別れのときが訪れた。

 

それを機に、自分を生まれ変わらせようと決心し、健康体になることを自分の使命とした。

 

手術で余分な脂肪を除去することも考えたが、それはやめ、ジムに加入することを決心。

 

ジムに行き始めた直後は、「130キロを越える巨漢の女性がジムでフィットネスなんて」とバカにする人もいた。

 

しかし「まずは自分が自分に対して優しくなること」から始めたとローラさんは語っている。

 

数キロの減量に成功した段階で、モチベーションが上がってきたという。

 

2年後、ローラさんは完全な別人となっていた。

 

f:id:ronnieeda:20160606234006j:plain

 

久しぶりに会った人は、新しい彼女の姿を見て彼女を非難したという。

 

脂肪除去手術を受けたか、薬物に頼って体重を減らしたのではないか、と疑ったのだ。

 

疑いを生んだ理由の一つは、減量後も肌のたるみがまったくないことだった。

 

肥満体になった人は皮膚が伸びてしまうため、減量すると伸びた皮膚がたるみとなって残ってしまうからである。

 

しかしウェイトリフティングで体を絞ったため、肌のたるみを避けることができたのだ。

 

f:id:ronnieeda:20160606234114j:plain

 

ローラさんは今までの努力の成果をインスタグラムで公開している。

www.instagram.com

 

 

metro.co.uk