健康的で美しい「64歳のおばあちゃん」を見てフィットネスのモチベーションをあげよう

f:id:ronnieeda:20160612112025j:plain

 

この女性、年齢は64歳。

すでに孫もいる「おばあちゃん」なのだ。

 

この若すぎるルックスは一朝一夕のものではない。

毎日1時間半~2時間のトレーニングをジムで行っている。

これを20年以上にわたって続けているのだ。

 

ウェンディさんは43歳になって初めてジムに行き始めた。

それまでは幸せではない結婚生活が続き、自分を過小評価してしまう長い時間と戦い続けていた。

 

現在、ウェンディさんはロサンゼルスでもトップクラスのフィットネス・トレーナーだ。

 

f:id:ronnieeda:20160612112443j:plain

 

「64歳にして、今までで一番のボディになった感じがしているわ」

「私の年齢を言っても人は信じてくれないの。運転免許証を見たがるわ。みんな私を30代前半と思うみたいね。22歳の人が、私を自分と同年代と勘違いしたこともあったわ」

「娘(41歳)と一緒にいると、いつも姉妹と間違われるのよ」

 

f:id:ronnieeda:20160612112055j:plain

 

毎日ジムで有酸素運動ウェイトトレーニングをするのに加え、ウェンディさんはジムから自宅まで走って帰るという。

 

57歳の時に初めてボディビルディングの選手権に応募した。

 

さらには60歳の時、バーピーを1分間に37回行うという記録を達成し、ギネスに認定されている。

 

※「バーピー」とはこの(↓)エクササイズのこと。

f:id:ronnieeda:20160612112110j:plain

 

現在ウェンディさんは、誰でも年齢に関係なくシェイプアップできることを多くの人に伝える活動を始めている。

 

   

metro.co.uk