読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

驚きの数字を見てわかる アメリカで銃による犯罪が後を絶たない本当の理由

アメリカ

f:id:ronnieeda:20160617032859j:plain

 

この棒グラフはアメリカにある店舗数を表したもの。

 

Infographic: More gun dealers than Starbucks in the U.S. | Statista
You will find more statistics at Statista 

 

上から、拳銃の販売店(赤)、食料品店(青)、マクドナルド(黄)、そしてスターバックス(緑)。

 

それぞれの横に記されている数字が、実際の店舗数だ。

 

つまり、アメリカでは「食料品店+マック+スタバ」のすべてを合計(63,208)した店舗数より、拳銃を買える店のほうが多く存在するのである。

 

食べ物、すなわち生きるために必要なものが手に入る場所よりも、命を奪うために必要なものが手に入る場所のほうが多い、という事実。

 

アメリカの銃社会はここまで来ているのだ。

 

(参照:https://www.statista.com/chart/5016/gun-dealers-starbucks-united-states/

 

pagethree.hatenablog.jp