読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PC画面が原因で起こる目の疲労には「20-20-20法」を試してみよう

健康・長生き

 

スマホが普及してから目への悪影響が広く知られており、なるべくスマホを見ないようにしている人も多くいるだろう。

 

しかし、スマホは最低限に抑えることができても、PC画面を見ないわけには行かない。

 

【なぜPC画面は目が疲れる?】

f:id:ronnieeda:20160618235048j:plain

 

PC画面は小さな点で描かれている。

 

その一つひとつの点は、中心部分はハッキリしているがその端のほうはぼやけた、細かい粒となっている。

 

PC画面を見るとき、目はこの粒で出来上がった文字や画像を見るため、とても負担が大きくなるのだ。

 

 

【20-20-20法で目の疲れを予防しよう】

仕事でこういったピクセルによる画面を見なければいけない私たちに有効なのが「20-20-20法」だ。

 

これは20分間PC画面を見たら、20フィート(6メートル)先にあるものを20秒間見る、ということを実践するシンプルな方法。

 

またPC画面を見ているときは、通常時よりもまばたきの回数が少なくなることも分かっている。

 

意識してまばたきをすると、目のイライラも減らすことができるはずだ。

 

   

www.theguardian.com