【キュン死注意】 小さなコアラ オーストラリアの民家で発見 里親が熱心に世話に励む

オーストラリアのホークス・ネストという場所で大きな嵐があった。

 

その翌日、一匹の小さなコアラが民家の裏庭で見つかった。

 

f:id:ronnieeda:20160621160139j:plain

 

発見時のコアラはとても冷たく、おびえていて、さびしく途方にくれているようだったという。

 

どうやら母親らしきコアラが近くの木の上にいたのだが、子供をまったく無視していた。

 

現地の動物愛護団体はこの赤ちゃんコアラを保護し、母親なしで育て上げることにした。

 

今は里親のスーおばさんが母親代わりで世話をしてあげている。

 

それにしてもこのコアラ、ぬいぐるみみたいに小さくて可愛い。

 

 

 

 

ABC Newsさん(@abcnews_au)が投稿した写真 -

 

f:id:ronnieeda:20160621160200j:plain

f:id:ronnieeda:20160621160214j:plain

 

現在里親がつきっきりで世話をしてあげているが、いずれは自然で一匹で生活できるようになる必要がある。

 

とにかく元気に育ってくれるよう祈りたい。

 

   

metro.co.uk