ビキニ美女もポーズによってこんな風に変わる 「写真など結局は撮り方しだい」ということをあらためて認識しよう

ビキニを着ても自信たっぷりという人は決して多くはないだろう。

 

これは巷に広まっている多くのビキニ美女の写真と自分を、無意識に比較してしまうことが原因のひとつに違いない。

 

しかし以下の5つのパターンを見てみると、所詮ビキニ美女といえども、写真の撮り方しだいで見え方が大きく変わるということが分かる。

 

つまり、美しく見せることができるのがプロのモデルであり、プロの写真家なのだ

 

また男性諸君も、一瞬の見た目だけですぐ心を動かされぬよう肝に銘じておこう。

 

「浮き輪の中に座るときは、背中を曲げて真ん中にどっさりと腰をおろすのではなく、背筋を伸ばしましょう」

f:id:ronnieeda:20160621164637j:plain

 

「自撮りするときは、腕を最大に伸ばしてできる限り外から顔をとらえること。自然の光が顔全体にかかるようにしましょう」

f:id:ronnieeda:20160621164627j:plain

 

「浮き輪の場合とおなじく、背中を曲げて楽な姿勢をとらずに、背筋を伸ばしましょう。片足を伸ばすとバランスをとりやすくなり、また全体的にスリムに見えます」

f:id:ronnieeda:20160621164613j:plain

 

「顔を正面から見せようとして前のめりになりがちですが、ここでも顔より背筋をまっすぐすることを優先しましょう。お腹が平に見えます」

f:id:ronnieeda:20160621164601j:plain

 

「立って写るときはビーチサンダルよりも、ヒールの高いものを履いたほうが脚が細く見えます。また腰を若干ひねることで、全体的にスリムに見せる効果があります」

f:id:ronnieeda:20160621164545j:plain

 

   

www.thesun.co.uk