イギリスへの愛国心が強すぎるから?投票所に入れなかった女性

f:id:ronnieeda:20160624221608j:plain

 

イギリスで行われたEU離脱をめぐる国民投票

 

6月23日に行われた投票で、ある女性が投票所への入場を断られた。

 

投票権がなかったわけでも、間違った投票所に来てしまったわけでもない。

 

それはこの女性の見た目が原因だった。

 

f:id:ronnieeda:20160624221622j:plain

 

もちろん、個人のファッションで選挙権が否定されるわけでは決してない。

 

これは、投票所の内部に政治的主張の強いものを持ち込むことが「選挙規則」によって禁止されているため、それに従わない投票者に対して下された判断だったのだ。

 

その後女性は「Vote Leave」(離脱に投票しよう)と書かれたバナーを取り外すことで投票所への入場が許され、無事に投票を済ませたという。

 

   

metro.co.uk