読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今度はイギリス首相官邸のネコが「権力争い」を繰り広げる

f:id:ronnieeda:20160730225021j:plain

 

首相が交代し新内閣となって、少し落ち着いたように見えるイギリス。

 

しかし、権力争いは人間界だけで行われているのではなかった。

 

総理大臣官邸のあるダウンニング・ストリートには、長らく住み着いたネコの「ラリー」がいる。

 

f:id:ronnieeda:20160730225037j:plain

 

ラリーはいわゆる「キャビネット・マウサー(首相官邸ネズミ捕獲長)」と呼ばれるネコ。

 

首相官邸公認の飼い猫というれっきとした「立場を有する」存在で、2011年からこの場所を自分の住処としてきた。

 

ところが最近この官邸の近くに、別のネコのパーマストンが住み始めた。

 

f:id:ronnieeda:20160730225052j:plain

 

その結果、こんなバトルが勃発した。

 

 

戦いは夜も続く。

 

 

 

すでに何度かこの二匹はバトルを繰り広げており、目撃情報によると古参のラリーよりも新参のパーマストンのほうが優勢らしい。

 

一連のバトルのせいだろうか、最近ラリーは脚を怪我しているところを目撃されている。

 

しかしラリーの脚は獣医師によって治療され、現在は治り始めているようなのでご心配なく。

 

   

metro.co.uk