実は間違っていた? ワイングラスの正しい持ち方

f:id:ronnieeda:20160806234405j:plain

 

ワイングラスの正しい持ち方を教えてもらえるチャンスなどふつうはないだろう。

 

実際、ヨーロッパでも正しいとされる持ち方を心得ていない人も多くいるらしい。

 

いわんや日本であれば、どうして正しい持ち方などを身に付けられるだろうか?

 

よくやってしまう持ち方は、中指と薬指のあいだでグラスの「脚」を挟み、手のひらでグラスを持ち上げるように持つやり方。

 

これは実はワイングラスの持ち方としては正しくないのだという。

 

手のひらの熱でワインを温めてしまうからだ。

 

同じ理由でワインの入っているグラスそのものを手で握って持つのも正しいやり方ではない。

 

正しくはグラスの底と脚がつながっている部分を人差し指と親指で挟んで押さえ、残りの3本の指で脚を包むように持つ、というやり方らしい。

 

f:id:ronnieeda:20160806234344j:plain

 

ともあれ、一番大事なのはワインを適度に楽しむことそのものだろう。

 

   

metro.co.uk