読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜早めに布団に入る男性は心臓病のリスクが高いという意外な話

健康・長生き

f:id:ronnieeda:20160901120744j:plain

 

夜、早めに布団に入る男性は心臓病のリスクが高い、という意外な調査結果が発表された。

 

早めに寝てしまう人は、高血圧を患っている場合が多い、というのがその原因だ。

 

また睡眠の質が良くない可能性も高いという。

 

夕方になると過度の疲労を感じ、夜の早めの時間に就寝してしまうのは、高血圧が進行している証拠であるという。

 

高血圧は心臓発作や脳梗塞を引き起こす主要な原因のひとつだ。

 

これは日本の研究グループがローマで開かれた世界最大の心臓医学会で発表したもの。

 

高血圧は体内時計を正常に働かなくさせてしまう。

 

その結果高血圧を患っている人はより早く疲れを感じやすくなり、夜になるとすぐ布団に入ってしまう。

 

しかし長く布団の中にいたとしても、高血圧の人は深い眠りに入れないため疲れを取ることは難しく、翌日に持ち越してしまうのだ。

 

なお、女性の場合はこのパターンは必ずしも当てはまらないという。

 

専門家は、もし上記のような睡眠パターンが当てはまる男性は医師に相談することを勧めている。

 

   

www.thesun.co.uk