読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さみしがりやの性格はDNAで決められている可能性 研究者が発表

 

f:id:ronnieeda:20160923143721j:plain

 

孤独感というものは、実は親から受け継いだ遺伝子が原因の可能性がある、という研究結果が発表された。

 

孤独感に悩まされるのは先代から受け継いだDNAにより慢性の状態として感じるものであって、誰の心にも訪れては去ってゆく一時的な感情ではないという。

 

さらにこの遺伝子は、うつ病や心配性、身体面・精神面の両方の健康にも関係する可能性もあるらしい。

 

今回の調査では、孤独感を訴える人の14~27%にこの遺伝子が発見された。

 

そのほかは、教育、貧困、健康上の問題などが原因と考えられる。

 

この調査は米サンディエゴ大学が50歳以上の10,750人を対象に行ったもの。

 

その結果、うつ病や心配性と直接関係する遺伝子の組み合わせが、孤独感を示す人たちに発見されたことがわかった。

 

問題は、多くの人たちがそれに気づいていないということだという。

 

多くの場合、自分の感じている孤独感を、疎外感や怒りなどの感情と混同してしまうらしい。

 

研究結果では、「孤独感は長期的にネガティブな感情を引き起こしてしまうもの」と結論づけている。

 

研究は今後も進められ、先代から受け継いだ遺伝子を見きわめ、治療が可能になることを目指す。

 

   

 

www.thesun.co.uk