「毎日お風呂に入らなくていい」説

日本人のお風呂好きは有名。

さらには清潔感を求める風潮から、朝はシャワー&夜は風呂、なんていう日課の人もいる。

 

しかし体の清潔感を保つためには、実は「週に1~2回のシャワー」で充分である、という説がある。

 

たとえば米コロンビア大学感染症を研究するエレイン・ラーソン教授は「バクテリアから身を守るという意味では、定期的に手を洗うだけで充分」だという。

 

ラーソン教授の研究によると、殺菌作用のあるボディソープを使っても、その効果は普通の石鹸とあまり変わりはないらしい。

 

また体の表面をこすりすぎてしまうことは、逆効果になる可能性もあるという。

 

f:id:ronnieeda:20170420113707g:plain

 

ワシントン大学のブランドン・ミッチェル教授によると、ボディソープを使ってゴシゴシ洗うと皮膚が乾燥し、表面に雑菌の入り込んでしまう隙間ができてしまうらしい。

 

また皮膚の表面をおおっている皮脂を取り除いてしまったり、免疫システムを壊してしまうことになるため、雑菌が繁殖しやすくなるという。

 

「毎日シャワーを浴びる必要はありません。わきの下、お尻、股間はにおいを発する場所ですのでキレイに保つべきですが、それ以外の場所はあまり石鹸をつける必要はないのです」。

 

 

 

www.indy100.com