リンゴ・スター77歳 9月にはポール・マッカートニーの参加しているニューアルバムをリリース

f:id:ronnieeda:20170709003612j:plain

 

ビートルズでドラマーのリンゴ・スターは7月7日、77歳の誕生日を迎えた。

 

9月15日にリリースされる19枚目のソロ・アルバムには、同じく元ビートルズポール・マッカートニーが参加していることも明かしている。

 

最新アルバムのタイトルは『Give More Love』。

 

収録曲の「We're on the Road Again」と「Show Me the Way」にポールがベースで参加している。

 

「Show Me the Way」はリンゴの妻バーバラにささげられた曲だ。

 

「僕とポールは今でも仲間だ。彼はツアーに出ていて、自分の仕事をしている。僕もいつもツアーに出ているけど、ツアー先でレコーディングをしていたとき、ポールも同じ場所にいることが分かったので、彼に電話して「こんな曲があるから一緒に演奏してほしい」って言ったんだ」

 

リンゴはポールを「世界で一番メロディアスなベースを弾く」と評価し、「彼の演奏が大好きだよ」と語っている。

 

f:id:ronnieeda:20170709003758j:plain

 

リンゴは毎年自分の誕生日にイベントを開き、そこで「ピース&ラヴ」のメッセージを発信している。

 

今年の誕生日はハリウッドでイベントを行い、集まったファンを前に「ピース&ラヴ」のメッセージを唱えた。

 

ステージにはかつてリンゴのバンドで演奏していたジョー・ウォルシュ(義理の弟でもある)や『ツイン・ピークス』の監督デヴィッド・リンチらが駆け付けた。

 

「世界にはたくさんの問題、絶え間ない暴力、飢餓や水不足に苦しむ人々がたくさんいる。僕は「Water Aid」(=水資源保護を目指す国際NGO)の支持者だ。どんな人だって水は必要なんだ。爆弾や銃じゃないんだよ」。

 

 

 

www.nydailynews.com