レコードジャケットになったロンドンの街路を撮り続けたフォトグラファーの作品が秀逸

 

 

f:id:ichirotakada:20180324012819j:plain


アレックス・バーチという英ロンドンの写真家が「COVERS」と題された写真集を出版した。

 

これは1967~87年にかけてリリースされたレゲエミュージックのレコードジャケットのうち、ロンドンのストリートで撮影されたものを選び、その現場とジャケットを重ねて撮影したものだ。

 

百聞は一見にしかず。

言葉の説明よりも、実際に見てもらうほうがいいだろう。

 

 

取り上げたレコードの数は42枚。

 

f:id:ichirotakada:20180324012946j:plain

f:id:ichirotakada:20180324013001j:plain

f:id:ichirotakada:20180324013014j:plain

f:id:ichirotakada:20180324013027j:plain

 

アレックスさんは2014年にこのプロジェクトを開始し、クラウドファンディングでの資金集めを経て、2016年12月に写真集を出版するに至った。

 

ちょっとしたアイデアでも、実行しやり続ければ一つの作品として完成することがよくわかる。 

 

アレックスさんのウェブサイトはこちら→「Alex Bartsch

 

   

 

Covers: Retracing Reggae Record Sleeves in London by Alex Bartsch — Kickstarter