『交歓生活』(1971年) あらすじ

f:id:fterayama3:20180827214523j:plain

 

 

 

監督:ジャン=フランソワ・ダヴィ

脚本: ジャン=フランソワ・ダヴィ

出演者:カリーヌ・ジャンテ

上映時間:110分

製作国:フランス

 

あらすじ

ピエールはパリで働く写真家。

 

若くて魅力的な妻フランソワーズと暮らしているが、十分な稼ぎがなく、毎日の生活が苦しい状態である。

 

ある日、ピエールは仕事の途中のランチでシルヴィーという魅力的なブロンドの女性と知り合う。

 

シルヴィーは既婚の女性だがピエールのことが気に入り、彼を田舎にある自宅に招待する。

 

ピエールはフランソワーズに5日間の出張に出かけると嘘をつき、シルヴィーの家を訪れる。

 

そこにはシルヴィーの夫ミッシェルがいた。

 

ミッシェルはすでにピエールとシルヴィーとの関係に感づいているが、それをまったく気にしていないかのように振舞っており、あたかも自分の妻に浮気を許しているように見える。

 

そんなミッシェルはパリに行く用事があり、妻シルヴィーをピエールと二人きりにして自宅を離れる。

 

こうしてまったく邪魔のない環境で、シルヴィーとピエールは体を重ね合うのだった。

 

一方パリで留守番をさせられているフランソワーズは、ひとり退屈でさみしい時間を送っていた。

 

すると突然、パリに到着したミッシェルがフランソワーズのアパートを訪れる。

 

アパートの中に入り込んだミッシェルは、勝手に風呂に入り、フランソワーズをベッドに押し倒す。

 

翌日、ミッシェルは別の若い女性といっしょに再びフランソワーズのいるアパートにやって来る。

 

そして3人で乱痴気騒ぎを始める。

 

そのころピエールはシルヴィーといっしょに熱い抱擁を重ねていたが、徐々にお互いに飽きはじめる。

 

そんな退屈がフラストレーションとなり、結局二人の間で口論が始まってしまう。

 

腹を立てたピエールはシルヴィーの家を出て、パリに帰ってくる。

 

 

 

以下、ネタバレ注意

当初の予定では、ピエールは翌日にパリに戻ることになっていた。

 

しかし、フランソワーズがほかの二人といっしょにベッドの中にいる最中に、突然ピエールが帰宅する。

 

そしてショックを受けたピエールは部屋を出て行ってしまう。

 

夜になるまであてもなく歩き続けるピエール。

 

一方フランソワーズも一人で外を出歩き、ピエールを探そうとする。

 

そのまま翌朝になると、ピエールはフランソワーズが歩道を一人で歩いているのを発見。

 

二人は何も語らず、いっしょに車に乗るのだった。